金属アレルギーについて


こんにちは。

久しぶりのブログとなりましたが(;^ω^)

今日は金属アレルギーについてお話します。


金属アレルギーは遅延型アレルギーによるもので、はじめはその金属が何の問題もなかったのに

触れているうちに徐々に症状が出てくるようになり、やがてアレルギーの症状が出ることがあります。

局所的のみではなく、手、足、顔や内臓など全身に症状が出ることがあります。

年齢や性別関係なく、体のバイオリズムによって症状が強く出てしまうこともあります。


ピアスなどのアクセサリーは金属を身に付けなければ症状が出ませんが、お口の中はどうでしょう。

簡単に自分で取り外しができません。

一般的に歯科で保険適応で使用されている金属は合金がほとんどです。

チタンなどアレルギーが出にくい金属も使用するようにはなってきましたが、チタンでもアレルギーが出る方もいらっしゃいます。

審美的に被せものをセラミックに変える方もいらっしゃいますが、金属アレルギーの元を断つ理由で

セラミックに変える方もいらっしゃいます。

お口の中の金属をいっぺんにセラミックに変えると費用もそれなりにかかってきます。

ご予算とタイミングに応じて、診療の計画を立てますので是非ご相談ください。



お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
タグ
まだタグはありません。